すもも 人工授粉用の花粉づくり

すもも 人工授粉用の花粉づくり

今日、人工授粉が終わりました。

すぐには、授粉が成功したかはわからないので、うまくいってることを願って、あとは結果待ちです。

この人工授粉に使う花粉の話しを少しだけ。

前知識

まずは果樹の基礎知識として

自家受粉他家授粉があります。

自家受粉とは、自分のおしべの花粉とめしべで受精できる。

他家授粉は、自分のおしべの花粉では受精できない。同一品種同士では結実しない。

すももの場合、ほとんどの品種が他家授粉です。

うちの園の場合、貴陽がメインの品種なので、親和性の高いハリウッドとバイオチェリーを受粉樹として植えています。

違う品種なら、何でもいいわけではありません。結実率が変わってきます。

 

採花

受粉樹の開花直前の風船状になった花を摘み取ります。

すもも 花

すもも 花

葯を採取

ふるいの金網に花を擦りつけて、おしべの葯を分離します。

分離したものをふるいにかけて、花弁や花糸をできるだけ除きます。

すもも 粗花粉

開葯

自然開葯か開葯器で開葯させて、粗花粉にします。

うちでは、中国製の格安サーモスタットとPTCヒーターで開葯器を自作しました。(今のところ使えてます)

保存

密閉容器に入れて、使用するまでの数日間冷蔵庫で保管。