栽培管理

着果制限

高妻

あまくて、おいしい果実を育てるために、1本の樹に生らせる果実数を制限しています。

果実をおいしく甘く育てるには、葉っぱで光合成によって生産された養分を、充分に果実に注ぎ込まれるように、良い枝にできた良い房だけを残して、余分な房を摘果します。

残った房に、養分を集中させて、おいしく育てます。

摘芯

あまくて、おいしい果実を育てるために、新梢先端の生長点を摘みます。

生育期間の適切な時期に、摘芯することで枝、新葉の生育に使われる光合成養分を制限して、果実に多く配分されるようにします。

シャインマスカット

誘引

クイーンニーナ

主枝から今年度発生した新梢を、果樹棚に留めていきます。

あまくて、おいしい果実を育てるには、葉っぱで生産された光合成養分がたくさん必要になります。

葉っぱ同士が重なりあわず、太陽光を最大限に活かして、いっぱい光合成できるようにします。

房つくり、摘粒

1房につける果粒数を、適正な数にすることで、まるくて大粒に仕上げていきます。

少しゆるめに摘粒して、自然なカタチになるようにしています。

見た目もおいしさの一つとして、ていねいな仕事を心がけています。

黄玉